一人旅 - 亀と旅と時々自分

   

青春時代を思い出す黄昏時の田原城と蔵王山


田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 今日は仕事が休みで、お昼前までダラダラとしてしまっていましたが、疲れもたまっていたこともあり本当は静岡市の大江戸温泉物語 天下泰平の湯の日帰り入浴でまったりしてこようとも思っていましたが、静岡に向かう車のなかで気が変わり、高校時代に仲の良かった友人に会いに数回いった豊橋鉄道沿線が懐かしくなり、休みを寝て過ごしてしまうのはもったいないと疲れのたまった体に鞭打って、三河半島へと向かうことにしました。


黄昏時の田原城跡


 お昼前に出発して、最初から田原市を目指していなかったので、東名高速道路も途中からの利用となり、田原城址に着いたのが15時半過ぎ、日没がすでに迫っています(笑)

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 隣接の田原市博物館駐車場。博物館も閉館時間も近いということもあ、ガラガラです。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

田原市博物館の案内看板。桜門から巴江神社を目指します。すでにあたりが薄暗くなってきているので急ぎます(笑)

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 田原市博物館と隣接の華山会館をつなぐ橋の下より田原市民俗資料館を。こちらの建物もレトロな趣です。こちらも16時半の閉館時間に間に合いませんでした(笑)

 グーグルマップの口コミなどでも評価がいいようなので、今度は早起きをして博物館とともに訪れてみたいと思います。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 楼門前にて。こじんまりとしています。

 楼門を入り右手側にある護国神社へと向かいます。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 手水舎で水をすくおうとしましたが・・・カチカチです(笑)

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 護国神社拝殿。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 鳥居横に咲いていてる椿をみていると、寒さを忘れてしまいます。

 

 護国神社を後にして、巴江神社を目指します。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 田原市博物館入り口。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 巴江神社へ到着。この日は風が強かったためか、鳥居下に置かれている車止めも倒してありました。とても寒かったです(笑)

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 今度は凍っていません(笑)

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 巴江神社境内全景。

 左側に写っている稲荷社がなにげに立派で印象的でした。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 100メートルほど続く鳥居を抜けいきます。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 小さな拝殿。両端をよく見ると・・・ 

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 可愛いきつね(笑)

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 すでに日も落ちてきて月もはっきりと見えていたので、もう少しゆっくりとしたかったのですが次の蔵王山展望台へと向かうことにします。

 田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 雪が所々にありました。寒いわけだ(笑)

 風がとても強いかったですがその分空気が澄んでて境内もとても清々しかったです。次は早めに家を出て資料館と博物館へも是非行ってみたいと思います。


360°の夜景を堪能できる蔵王山展望台


 すでに日が落ちて月が煌々と輝く時間となってしまったので、蔵王山展望台へと向かうことにします。

 蔵王山へと向かう途中に見つけた石灯篭。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 いったいどうしてこんなところにポツンと佇んでいるのでしょうか?


 疑問が解決しないまま蔵王山展望台へと急ぎます。


 10分ほどワインディングを楽しむと、展望台に到着です。

 早速三脚をだして撮影を楽しもうと思ってトランクを開けたらいると・・・

 三脚を忘れてしまいました。もともとそのつもりじゃなかったので無理もありませんがとても後悔しました。そのため今回はカメラの手持ち夜景モードで撮影しましたが、やはりブレが所々見えてしまい、写真を整理していて結構凹みます(;^_^A

 田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 駐車場には風力発電用の風車が目印。近くで見るととても大きいです。そして、プロペラの風切り音と軸からの音が思いのほか大きかったです。騒音問題でしばしば記事になっているのも納得できます。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 蔵王山展望台の施設。展望台へは無料で行けますが。今回は時間がなく外からの鑑賞だけでした。写真右側のスロープからも夜景がよく見えます。ガラス越しじゃない分ダイレクトに視界が開けます。

 田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 北側の工業地帯。工場夜景好きにはたまりません。

田原城 田原市博物館 田原市民俗資料館 蔵王山展望台 石灯篭 駐車場 護国神社 巴江神社

 南側のスロープより夜景をのぞむ。ちょうどトワイライトタイムだったので、夜景と空がいい感じです。女性を連れてきてあげれば好感度アップできそうです(笑)

 

 帰りに、国道一号線で夜間通行止めになるということが電光掲示板で表示されていたので、午後7時には後ろ髪をひかれる思いで急いで帰路につきました。


 冬は風が強く、寒いので外出自体が億劫になってしまいますが、やはり冬の寒いけど澄んだ空気を浴びるとストレス発散になるとつくづく思いました。

 今度のお出かけは、ちゃんと準備をし、下調べをして久々にちゃんとしたプチ放浪を楽しもうと思います。


ランキング参加中です!クリック応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

静岡県人が嫉妬する富士山・・・山中湖を見下ろすパノラマ台より

富士山 山中湖 パノラマ台 駐車場 景色 山中湖小山線

 山梨県山中湖村の絶景の富士山を富士山を撮影できるスポットとして人気の「山中湖 パノラマ台」駐車場おりさら山を登り静岡県側へといった場所にて撮影しました。

 

 この日は、東京都立川市のIKEA立川店へ向かっていたのですが、どうしても道志みちを通りたくて、小山町から県道147号線(神奈川県、山梨県では県道730号線)山中湖小山線で山中湖へと抜けることにしました。

 積雪が怖かったですが、大型自動車やバイクも何台か通過していったのでそのまま行ってみることに。


 今回は時間があまりなかったので途中で停車して写真を撮りながらとは行かなかったのですが、神奈川県を過ぎ山梨県へと差し掛かった時、どこか見覚えのある風景が・・・

 景色が開けてきたらこの絶景でした。

富士山 山中湖 パノラマ台 駐車場 景色 山中湖小山線

DSC06556

 雲一つなくすすきの枯草色と青空が印象的でした。


 この時はまだ午前10時過ぎで、カメラを構えた人たちは見受けられませんでしたが、晴れた日の夕暮れ時は、パノラマ台駐車場はもちろん、路肩に駐車できるスペースもなく、三脚と一眼レフを構える人たちでいっぱいになるスポットというのもうなずけます。普段富士山は「静岡からのなが」だなと思っている静岡県人も少なくはないと思いますが、この景色を見たら思わず言葉を失うなぁと思います。

 寒さが厳しくなる季節は空気も澄んでとてもきれいに富士山と山中湖畔の景色が楽しめるポイントなので、次回は夕焼けの赤富士の撮影に挑戦したいと思います。

 このあと、道志みち経由で東京立川市まで3時間弱、疲れました(笑)




ランキング参加中です!クリック応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


九州一人旅3日目~力強い熊本城復興の光と影②~


熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 前回からの続きです。

 加藤神社参拝を済ませたら、熊本城内をぐるりと一周して、市電を撮影しようということで、熊本城内をさらに進みます。


関連記事はこちら


衝撃の光景の連続


 二の丸広場から城内を抜けていこうと思います。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 二の丸広場北側の崩れた石垣を保管中の現場。ここにも途方もないほどの石が積まれていました。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 本丸の再建現場を二の丸広場より。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 大きな木の木陰で老夫婦がピクニックを楽しんでいました。ホッコリとする一枚。市民の憩いの場として親しまれていることにうれしく思います。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 西大手御門の前にて。崩れ落ちた塀や写真右側の太鼓櫓に衝撃を覚えます。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 無残な姿の石垣たち。しかしよく見ると一つ一つに番号が振られています。案内板によると、復元されてから10年ほどで今回の地震により崩落してしまったということでした。崩れた石垣に生えた雑草が月日が経つのを感じさせます。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 戌亥櫓をのぞむ。綺麗に手入れされた芝生と崩落してしまっている石垣が対照的でとても心に残りました。

 熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 ここにも石垣の部材を集めて保管されていますが…。これを使って復元するには途方もない労力と時間を費やさなければならないでしょう。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 お土産やスイーツ、ランチができる湧々座 わくわくざ裏手より本丸を。やはり修復は本丸からと言うことでしょうか。ここから、湧々座 わくわくざでソフトクリームでも食べようと思い立ち寄ることに。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 加藤神社で神にお祈りをささげた忍者が休憩中。忍者もスイーツに舌鼓を打っているのでしょうか(笑)

 平日でしたが、観光客の方々が結構いて活気があります。復興に一役買っていると思うとうれしく思いました。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 加藤清正公と本丸修復のクレーン、石垣が崩れた馬具櫓を。清正公がこの光景を見たらなんというでしょうか。

 熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 小学生が去ったタイミングを見計らって(笑)

 観光客が多いので、タイミングが難しいです(笑)

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 坪井川対岸より。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 熊本城東郵便局の交差点にて。熊本市電の芝生軌道。静岡にもあるPARCOになぜか懐かしさを覚えます。ホームシックにはならないたちですが(笑)


華やかな熊本城稲荷神社と痛々しい熊本大神宮


 坪井川を熊本城沿いに進み、隣り合っている熊本城稲荷神社と熊本大神宮へと向かいます。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 熊本城から続いて熊本城稲荷神社へ。比較的境内は小さいですが、駐車場も満車でした。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電DSC06016

 鳥居だけじゃなく至る所に朱色が使われていて目を惹きます。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 一見玉垣なども損傷がないように見えますが、倒れたままの石造があり、ここでも地震の被害を感じさせます。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 後ろに見える熊本城の石垣にシートがかけられています。

 すぐ隣の熊本大神宮へと向かいます。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 熊本大神宮南側にあるにある駐車場より。熊本城石垣にはかなり広い面にシートがかけられていました。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 熊本城稲荷神社とは打って変わって質素な熊本大神宮。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 乗用車が3台止まっているあたりが、社務所があった場所。すでに綺麗に撤去されていました。震災で社務所が崩れてしまいましたが、寝ていた女性二人は無事だったとのこと。神様が守ってくれたのでしょうか?

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電


 拝殿が無事だったというのも奇跡だと感じます。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 震災の影響で水が止まってしまった手水舎。

 手水舎がなく途方に暮れていましたが、拝殿を見回すと・・・

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 水を溜めた桶が置かれていました。参拝者への気遣いに感謝です。

熊本城 石垣 震災 復興 二の丸広場 加藤清正 湧々座 わくわくざ 熊本稲荷神社 熊本大明神 熊本市電

 熊本大神宮拝殿前景。おみくじが結ばれているということは少なからず参拝されている方がいることがうれしく思います。

 華やかで朱色や金色で豪華な装飾が施された神社仏閣も好きですが、個人的には質素で華やかさはないですが風格がある熊本大神宮のような社殿にとても惹かれます。


関連記事はこちら


工事中なので、ちょっと歩き疲れてしまったので道の反対側にある高橋公園緑地へと向かいます。

 この高橋公園緑地で面白いおじちゃんに遭遇しまいたが長くなってしまったので、次回にします。ありがとうございましたm(__)m



ランキング参加中です!クリック応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


九州一人旅3日目~力強い熊本城復興の光と影①~

 

 前回の更新から大分期間が開いてしまいましたが忘備録のために続きを。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 2017年10月12日。笑っても泣いてもこの日が現実逃避の九州旅行最終日なので、熊本市を堪能すべく、朝さわやかに目覚めてシャワーを浴びます。(仕事の時は朝起きられないくせに(笑))

 

関連記事も一緒にどうぞ



感動の「青ガエル」に遭遇


 カーテンを少し開けると、この日も快晴!最終日にふさわしくテンションも上がります。

 今回宿泊したHOTEL AZ 熊本合志北バイパス店さんは、joyfullが併設されているので、そちらで朝食バイキング。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 前日の夕食で食べたウェストさんの天丼同様、ご飯とみそ汁がうまい!やはり阿蘇山系の水のおかげでしょうか?朝からご飯とみそ汁3杯食べてしまいました(笑)

 

 身支度を整えてホテルを後にします。受付の方の対応もよく、部屋も清潔で気持ちよく宿泊出来ました。ありがとうございます!また熊本を観光できる機会があったら、ぜひ利用したいと思います。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 新須屋駅ホームにて。快晴です。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 自転車持ち込みできるんだ!実は地元の岳南電車、何気に駐輪場は自転車が沢山駐輪してあるのを日中見かけます。自転車が持ち込みできれば利用者は増えると思いますが、一両編成と言うこともあり、難しいのかもしれませんが…。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 くまモンのラッピング車両がやってきました。後ろ髪をひかれながら新須屋駅を後にします。

また熊本を観光できる機会があったら、ぜひ訪れたいと思います。


熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 電車に揺られること10分で北熊本駅へ到着。ここにいるのは・・・

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 いた!青ガエル!元東急電鉄の5000形。これを見るために熊本電鉄沿線のホテルをチョイスしたといっても過言ではありません。残念ながら2016年2月に惜しまれながら引退をしてしまいまいしたがクラウドファンディングで動態保存の為の修繕費用を募集中ということを聞いていたのでどうしても一目見たかったので感激です。(11月18日に目標額を突破したそうです。おめでとうございます!)

 岳南電車でも赤色に塗装された車両が走っていたので親近感がわきます。

 しばらくウロウロと俳諧したかったのですが、海外のテレビ局や観光客の方々でごった返していたので、そのまま上熊本駅行きの列車に乗り込みます。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 元南海の200形。つり革に面影が。

 ガタゴトとローカル線の揺れを楽しみながら10分ほどで上熊本駅に到着。キャリーケースをコインロッカーに詰め込んで熊本の街へと繰り出します。

 熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

上熊本駅にて乗ってきた200形電車を。丸いヘッドライトが優しい顔を感じさせてくれます。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 JR鹿児島本線の上熊本駅舎。リニューアルされてお洒落な佇まい。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 熊本市電の北熊本駅前停留所。コンコースが上熊本駅からつながっており、雨の日も濡れません。しいて言うなら熊本電鉄の上熊本駅へも屋根が欲しいです。

 熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社


復旧途中、衝撃の熊本城と加藤神社


 ここから熊本城へと向かいます。今回は市電ではなく徒歩で、昔路面電車が運行されていた県道1号線をとぼとぼと向かうことにしました。(汗だくで写真をあまり撮れませんでした)

 熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 汗だくでしばらくとぼとぼと歩いていると、熊本城の石垣が見えてきました。シートがかけられています。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 法面修復工事中。これだけ見ても未だに熊本地震の被害の大きさが容易に想像できます。ここを面電車が…というノスタルジーに浸かることを忘れさせられます。しかし、昔は堀で防衛の要だったということもあり、高低差は見応えがありました。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 新堀櫓より熊本城内へと進みます。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 金網にて補強された石垣と、修復をまだされていない石垣。とても痛々しい。しかし崩れた石垣を見ていると、現代のような鉄筋コンクリートのような工法でなく、石を積み上げることでこのように美しい石垣を作り上げた技術力には目を見張るものがあります。

 ここから、まずは加藤神社から順番に見学をしていこうと思います。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 苔むした石垣と、補強された金網と積まれたフレコンバッグ。右側の石垣は、よく見ると隙間が空いてしまっています。

 熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 とぼとぼと歩いていると戌亥櫓が見えてきました。やはり土台の石垣が剥がれてしまっているように見えます。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 石垣だけじゃなく土台ごと崩れ落ちてしまっていました。これはヒドイ・・・。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 紙一重で櫓を支えています。早く修復工事をしてほしいですね…。


 衝撃を受けながら加藤神社へと向かいます。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 忍者発見!闇夜を忍ぶのではなく、園児と明るく挨拶。なごみます。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 忍者と園児のふれあいで和んだ矢先に崩れた石垣。心が痛みます。


熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 加藤神社へ到着。観光客が沢山。海外の方も結構いらっしゃいました。

 こじんまりとしていますが、大きいご神木が出迎えてくれます。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 先ほどの忍者も参拝中。くまモンもいます。市民に親しまれる神社という印象を受けました。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 忍者に続き参拝を済ませて境内を少し散策。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 大きいご神木と崩れてしまった石垣の対比がとても印象的でした。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 崩れた石垣より発見された観音様。先人たちの信仰心の深さが感じられます。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 加藤神社より見える天守閣の復旧工事。タワーマンションの建設現場のようです。

熊本城 復興 くまモン 熊本電鉄 青ガエル 加藤神社

 鳥居を出ると保管庫がありました。今回の地震で被害を受けた建築物を極力、元の資材を使い再建するという計画のための資材保管庫。新しい資材を用いて当時の技術で新しく建設しなおすより時間と労力、お金がかかりますがぜひとも修復をしてもらいたいと心から願います。


 ここから、さらに熊本城の中へと行きますが長くなってしまったので続きはまた今度。



ランキング参加中です!クリック応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


九州一人旅2日目 湧水溢れる阿蘇の旅~復興待ち望まれる南阿蘇鉄道と高森町湧水トンネル公園~③

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 前回からの続きです。

 南阿蘇鉄道と高森町湧水トンネル公園から帰ってきたら、チェックインの時間まで余裕があるので、夜の熊本城を写真に収めがてらホテルへ向かうため、熊本の街をフラフラすることにしました。


前回までの記事


震災の傷が未だに残る北岡神社


 高森町から産交バスのたかちほ号で再び熊本駅前へと戻ってきたので、日が暮れる前に北岡神社へ立ち寄ることにしました。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 熊本駅前電停より熊本市電。夕日の中を快走しています。夕日に照らされた市電がまぶしく見えます。

 ここから徒歩で、北岡神社へと向かうことにします。10分ほど北に歩くと、北岡神社の鳥居が県道の道向かいに見えてきます。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 鳥居の奥に立派なご神木の夫婦楠が。(写真のアングルがうまくなくて(笑))

 夕暮れが迫っているので一礼をして早速お参りさせていただきます。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 すぐ東側にある西郷隆盛先生本営之址。後ろの石垣にかけられたブルーシートが痛々しいです。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 根元から力強さを感じます。因みにこの夫婦楠、八の字にお参りをする「良縁まいり」があるそうです。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 手水舎に最新技術が!節水対策だそうです。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 この時は、境内を見回しても地震の影響はすでにないものかと思っていました。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 風格のある松の木をくぐり、本殿へと参ります。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 階段を登り切って目に入ってきた光景が衝撃でした。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 やはり地震の影響はまだまだ残っているんだと改めて痛感させられました。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 本殿も無傷のようには見えますが・・・

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 石碑が台座からずれてしまっています。

 本殿へお参りをしてから境内を見て回ります。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 斜面が崩れ落ちて倒れたままの玉垣が痛々しいです。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 やはりまだまだ修復の手が回っていないように見受けられました。

 ここでも地震の影響が色濃く残っていてとても心が痛みます。由緒あるこの北岡神社が一日も早く修復されることを願うばかりです。

 しかし貫禄のあるご神木の夫婦楠は全くの無傷。自然の力強さが感じられました。パワースポットの所以ってこういうところなんでしょうか。人もこうでなければいかんとご神木に言われた気がしました。


夜の熊本城


 北岡神社をあとにして、熊本電鉄藤崎宮前駅へ熊本城のライトアップを見ながら向かうことにします。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

キャリーケースを回収しに熊本駅へ。駅舎自体は古いですが、リニューアルされてえきマチ1丁目が入居しています。お土産もなんでもそろうので見ているだけでも楽しかったです。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 夜の熊本の街を快走する熊本市電。帰宅ラッシュの時間なのでどの車両も混んでいました。そのためキャリーケースを抱えて乗るのは断念しました。ここから1時間ほどキャリーケースをゴロゴロ引きながら藤崎宮前駅へと向かいます。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 のんびりと夜の熊本の風を感じながら40分ほどで熊本城へ到着。熊本城前の加藤清正公像。 

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

さながら高層ビルの建築現場のような本丸の修復工事現場。ライトアップされていて失礼ですがこれはこれでかっこいい。また後で堀越しに見よう。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社

 湧々座 わくわくざの前で。猫が語りかけているようで微笑ましいです。猫さんの順番待ちをしたかったのですがキャリーケースをゴロゴロして近づいたら逃げてしまいそうだったのであきらめて先へ進むことにします。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 石垣 倒壊 北岡神社

 崩れてしまった石垣と石碑。地震の規模を感じさせられます。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社 石垣 倒壊 

 坪井川を。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社 石垣 倒壊 

天守が少し顔をのぞかせています。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社 石垣 倒壊 

 高層ビルの工事のような本丸。ただ確実に修復はされています。日本の技術力おそるべし!


 このまま藤崎宮前駅まで再び徒歩で向かいます。熊本城は明日改めて昼間訪れよう。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社 石垣 倒壊 

 再びきゃりーケースををゴロゴロと20分ほど転がして到着。もう足がパンパンです(笑)

路面電車の停留所がこの駅前にもあったので、広かったです。

熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社 石垣 倒壊 時刻表 

 熊本電鉄の発車時刻は分かりやすい定時発車。ここからホテルの最寄り駅の新須屋へと向かいます。熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社 石垣 倒壊 

 しばらくホームで疲れのため、阿蘇の天然水を自販機で買い、ベンチでうとうといていました。いったいこれで何本目かわからないくらいはまっています(笑)。

 そうこうしてるうちに熊本電鉄の車両がやってきました。

 列車内は8時を過ぎていましたが、立ち客がいるほど、そこそこのお客さん。地元では岳南電車や、富士急行の路線バスでも、一部の時間帯を除いてスカスカ(;^_^A人口の差もあると思いますが・・・。

 この後、熊本電鉄に揺られながら新須屋に到着、無事ホテルにチェックイン出来ました。


 今日の宿はHOTEL AZ 熊本合志北バイパス店さん。テナントとしてファミレスのジョイフルさんが入居していたのと、熊本駅から離れていましたが熊本電鉄に乗りたくて予約、徒歩で駅から10分もかからない(しかも道も綺麗)のも便利だと思います。(前日のホテルは、西鉄久留米駅から結構本気(笑)で歩いて15分以上かかりました)

 チェックイン後、お腹がすいたので近くのご飯屋さんを検索していたら、ウェストといううどん屋さん発見。こちらでは有名なチェーン店ということなので行ってみることにしました。(普通なら少しリッチなご飯と行くところですが、個人的には旅先の人たちの普段行きそうなお店に行きたいので)熊本駅 熊本電鉄 熊本市電 熊本城 復興 ライトアップ 北岡神社 石垣 倒壊 

 天丼のかき揚げもサクサクで、なによりシンプルですがうどんのだしがとてもおいしい。やはり阿蘇山からの地下水利用のためでしょうか?ボリュームといい味と言い、とっても満足でした。

 この後、近くの銭湯に行こうとしましたが、食べながらウトウトしていまったので、ホテルに引き上げてしまいました。今考えたら後悔(笑)

 明日は熊本最終日!無理をせずに就寝しました。高森町湧水トンネル公園で汲んできた水で水割りするのを忘れてしまいました(;^_^A

 長くなってしまったので続きはまた今度。毎度長文でダラダラと書いてしまい申し訳ないです(;^_^A


ランキング参加中です!クリック応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村