亀旅@夏の終わりに秘境感が半端ない白糸の滝(富士吉田市) - 亀と旅と時々自分

   

亀旅@夏の終わりに秘境感が半端ない白糸の滝(富士吉田市)

 ここ数日、この前までの熱さが嘘のように涼しくなって夏の終わりを肌で感じられるようになってきました^^

9月最初の休みで、ここの所休日も出勤して休みがつぶれてしまっていたので、全身にマイナスイオンを浴びてリフレッシュしたくなり、山梨県富士吉田市にある”白糸の滝”へと行ってきました。





因みに、静岡県にあり、我が地元で、富士山の世界遺産の構成資産の一部である白糸の滝ではありません。富士宮市の白糸の滝と対照的に、全く観光地化されていない秘境でした(笑)







午前中に、エンジンオイルを交換しての出発だったためにいつものごとく遅い出発でした↓

DSC05449.jpg
車1台ギリギリの道をひたすら登ります。

DSC05450.jpg
道も苔むしています。秘境感がいい感じ♪

DSC05451.jpg
トイレ発見!水道も来ていない(笑)

DSC05452.jpg
トイレから500メートルほどで行き止まりでしたが・・・このスペースじゃUターン出来ない( ゚д゚)トイレの前の方が広く折り返せます笑)
ここからは徒歩で登って行きます。念のためランニングシューズに履き替えました(膝の靭帯を痛めてから足場が悪いところが特に恐ろしいです(笑))

DSC05453.jpg
大好きなあじさい発見!この時期に見られるとは思っていなくてうれしいサプライズ( ´艸`)

DSC05455.jpg
コンクリートも苔むしています。亀と以外にマッチするな(^∇^)

DSC05457.jpg
案内図発見。10分も登るのか・・・(笑)このときはまだ道はアスファルトだろうと楽観視してましたが、この後、自分が甘かったことが露呈されます(笑)

案内図のすぐ横にある下見の滝。

DSC05466.jpg

DSC05464.jpg
 水量は多くないですが、しとしとと細い糸のように流れています。

DSC05463.jpg
 望遠レンズを忘れてしまったのでめいっぱいズーム!


 このあと、小さい橋を渡り、白糸の滝へとプチ登山を開始です。

DSC05458.jpg
 アジのある橋。実は高所恐怖症です(笑)

DSC05460.jpg
 登山道?(笑)木も苔むして朽ち果てそうです(笑)ただこの感じ・・・嫌いじゃないです。

DSC05474.jpg
 案内図には、10分と書かれていますが、本気で寡黙に登ると5分で着きます。

DSC05479.jpg
 先ほどの分岐点から200メートルほどで東屋が見えてきました。
 
DSC05479.jpg
 あじさいに囲まれて、鳥居はありませんが、石造りの小さな祠がありました。山が神殿ということでしょうか??写真を撮り忘れてしまいましたが、周囲に石造も5体ほどありました。まるで石造たちが白糸の滝で遊んでいるような錯覚にとらわれてしばらく東屋でボーっとしてしまいました^^


DSC05483.jpg

DSC05484.jpg

DSC05488.jpg
 水量は多くないですが、まさに白糸のように細く白く美しいです。黒い岩肌と対照的です。

DSC05473.jpg
 あじさいも^^


 富士宮市の白糸の滝のような水量がなく、迫力はありませんが、細く白い絹の糸のようでした。
 目を閉じて耳を澄ませば、聞こえてくるのは野鳥のさえずりと水の流れる音だけで、個人的には大満足でした(^∇^)小学校の時に下校時に迷い込んだ山の中を思い出しました(笑)
 
 たまには人里離れて孤独になり、自分と向き合うのも大切なのかもと思いました。




ランキング参加中です^^ポチしてくれると助かります(ノ∇≦*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村

街・建物写真 ブログランキングへ

亀 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント