亀旅@秘境中の秘境、山梨県小菅村の白糸の滝

 9月11日に、河口浅間神社と父の白滝を訪問後に、前から気になっていた山梨県のもう一つの白糸の滝、山梨県北都留郡小菅村へと行ってきました。
駐車場にも街灯すらない(トイレはあります)環境ゆえに、秘境感が伝わってくる、油断してると猪やシカに遭遇しそうな中ですべてを忘れてマイナスイオンを浴びてきたので書いてみたいと思いますm(__)m






所在地

〒409-0211

山梨県北都留郡小菅村

交通アクセス

奥多摩駅からバスで50分
大菩薩峠東口から徒歩で70分

駐車場その他

駐車場あり

駐車場より徒歩15分

河口湖をあとにして、小菅村へと国道139号線をひた走ります。

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 深城ダムにて。狭小な道幅の国道139号線を走っていると、トンネルを抜けたら急にダムがあったので驚きました。

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 舗装されていない林道へと入っていきます。

 写真を撮り忘れてしまいましたが、奥に進むにつれすれ違いも困難な道幅になっていきます。

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 東京都の文字。どうもこの辺りが東京都水道局の管轄らしく、東京都水道局の車と数台すれ違ったり、路線バスも富士急行ではなく西東京バスだったりと、山梨県ながら東京都の香りがあちこちにあります。

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 もちろん、スマホは圏外(笑)

 圏外の林道をひたすら登っていき、無事に駐車場に到着!

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 本当に何もない、目を瞑ると聞こえてくるのは野鳥のさえずりや、水のせせらぎのみ。癒されます。

 この駐車場にはトイレがあるだけで、他に何もありません。


深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 これより、白糸の滝へは、歩いて向かいます。アスファルトで舗装されていて車で行けますが、駐車ができないので徒歩で向かいます。

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 林道への入り口。

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 観光地化されていないので、もちろん今回も足場はよくありません。

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

 少し登っていくと説明板と展望台が!

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

展望台より。富士吉田市の白糸の滝より水量が多いです。

そしてここでトラブルが・・・ミラーレスのバッテリーが切れてしまいました(笑)

深城ダム 小菅村 白糸の滝 駐車場 林道 滝 

滝つぼにてiPhoneで・・・ブレブレですね(笑)

母の白滝と同じように滝つぼまで下りられます。水しぶきがとても気持ちいいです。マイナスイオンを体中に浴びて、独り占めできてとても癒されました。


ランキング参加中です^^ポチしてくれると助かります(ノ∇≦*)↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村


こちらもオススメ

河口浅間神社と父の白滝再訪問

亀旅@水しぶき浴びる母の白滝と河口浅間神社②




河口浅間神社と父の白滝再訪問




9月11に河口浅間神社本殿の写真と母の白滝より上にある、父の白滝とその上にも滝があるということで再度訪問してきました!
 どうしても父の白滝も撮っておきたかったので、当日、午前中に沼津市の運転免許センターで免許の更新をして、河口浅間神社本殿ほ撮影し、父の白滝を経て、小菅村の白糸の滝へ行く計画。講習終了後に御殿場市から山中湖経由で河口湖へと向かいました。


河口浅間神社

更新の講習で瞼が重くなってしまっていましたが、レッドブルとフリスクで目を覚ましながら河口浅間神社へ13時ごろに到着。平日ですがそこそこの参拝客の方々と何か物々しい雰囲気・・・どうやらお祭りの準備をしているようでした。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

野猿公園廃墟。何人もの猛者が中をレポートしていますが、自分には入る度胸がありません。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

本殿。前回は、鳥居から本殿へと続く杉並木と立派なご神木に見とれて本殿を撮影するのを忘れてしまっていました(;^_^A

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

学生時代、実家の近所の神社の下に家出した友達がしばらく住み着いてたなぁ・・・(笑)

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

本殿内部。写真に写っていませんが太鼓もあります。

 この日は、お祭りの準備のようでものものしい雰囲気のため早めに切り上げます。

 このあと、母の白滝、父の白滝へと向かいます。


父の白滝

再び車を走らせ、母の白滝駐車場へと向かいます。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

 2回目ですが、清々しい空気で、窓全開で虫も入り込んできます(笑)外国人のハイカーの方とすれ違いました。富士山の観光の恩恵でしょうか。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

 駐車場から、母の白滝神社より登山道へと入っていきます。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

母の白滝を真横から。相撲でいうところの砂被り席とでも言うのでしょうか。水しぶきがとても気持ちよく清々しい気持ちにさせてくれます。

 5分も登ると、父の白滝へ到着です。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

こんな近くにあったのか(笑)

 とても質素な神社ですが余計に惹きつけられます。ご神木のような木もいい感じです。

そしてこの後、さらに登ってみましたが、こう来るとは・・・

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 野猿公園 廃墟 駐車場

滝じゃなくダムでした(笑)

 コンクリートの壁面を滴っていますが、白い糸のように見えます。これはこれでなんとなく絵になっていました。

 父の白滝は、グーグルで見ててもかなり拡大しないと表示されませんが、質素な祠と、その横のご神木のような太い杉の木がとてもマッチしていたと思います。学生時代は、登山にも興味がなかったのですが、なんとなく登山を趣味としている方々の気持ちが少しわかった気がします。最近ではネットショッピングでトレッキングシューズなどのページをひたすらネットサーフィンしています(笑)近いうちに、小さい山から登山をしたいなぁと妄想に更けています(笑)


関連記事

水しぶき浴びる母の白滝と河口浅間神社

夏の終わりに秘境感が半端ない白糸の滝


ランキング参加中です^^ポチしてくれると助かります(ノ∇≦*)↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村



亀旅@水しぶき浴びる母の白滝と河口浅間神社②


母の白滝と母の白滝神社

所在地

〒401-0301  山梨県南都留郡

富士河口湖町河口

交通アクセス

河口湖駅からバスで15分
河口浅間神社より徒歩で30分

駐車場その他10台ほど駐車可。山頂にカフェあり
 

 


河口浅間神社より続き

河口浅間神社を後にして裏山の母の白滝へと向かうことにします。

駐車場を出て御坂道を左折後すぐに右折をして鳥居前へ抜けるところをそのまま直進してしまいました(;^_^Aするとこんな廃墟発見!

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 河口湖野猿公園の廃墟です(;^_^A

 閉園して15年経過してしていますが思ったより看板なども劣化していませんでした。河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 駐車場横の、先ほどの看板より入口へ続く橋。営業当時は夢の国へと続いてた橋も今は夢のあと・・・。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 駐車場。売店跡も廃墟にありがちなガラスを割られてべニアが張られているということがありませんでした。治安がいいのかな?

 因みに、帰宅後に廃墟探索地図という廃墟や廃道を調べられるサイトににやはりありました。うさぎやリスに餌やりができた施設だったんですね。昭和チックなこういう施設が好きなので閉園された事が悲しく思います。

 廃墟探索地図にも書かれていますが、物件は管理されていて当然中に入ったり持ち出しの行為は犯罪になるのでくれぐれもしないように(笑)

 そして同じ河口湖町の河口湖畔に河口湖猿まわし劇場があるので興味をある方はぜひ!


 廃墟の話で逸れてしまいましたが気を取り直して母の白滝へと向かいます!

 河口浅間神社から鳥居前を通り抜け、山宮社前の道を登ります。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 車が止められるような道じゃないので、山宮社は今回は立ち寄れませんでした(;^_^A

 道が車1台分ギリギリです。途中にオートキャンプ場がありますが繁忙期にはどうなっているんだろう?

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 途中で河口湖を。晴れていたら真ん中あたりに富士山が見えているはず。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園 

 脇道にて。本当はこんな山道をジムニーのようにガンガン攻めてみたい(笑)

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 駐車場に到着。ゆっくり登っても15分もかかっていませんが道が細いので疲れます(笑)

 下の写真奥に見えるのがカフェ。この日は駐車場は貸し切り状態。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園 

 駐車場より。となりのトトロに出てきそうな小道です。

 駐車場から5分も歩くと見えてきました!

 水の落ちる音が聞こえてきます。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 母の白滝へ到着!神社の横にある杉はご神木ではないですがとても立派でした!

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 母の白滝神社説明板。

河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園


河口浅間神社 母の白滝 父の白滝 駐車場 廃墟 野猿公園

 規模が小さいので近くで水しぶきを浴びながら鑑賞できます!夏に子供連れで来たら間違いなく滝つぼで遊ぶでしょう(笑)


 小一時間ばかり撮影を楽しんだ後に帰ったのですが・・・実はこの滝の上にはさらに父の白滝があるということを帰宅後に知りました・・・今度必ず行こうと固く誓いました(笑)


 規模が小さい分、すぐ近くで綺麗な水しぶきを浴びながらマイナスイオンを全身で浴びてリフレッシュできました。さらに滝と神社に魅了されてのめりこみそう(笑)


関連記事

河口浅間神社と母の白滝

夏の終わりに秘境感が半端ない白糸の滝(富士吉田市)


亀旅@水しぶき浴びる母の白滝と河口浅間神社

河口浅間神社と母の白滝

 先日、山梨県富士吉田市の白糸の滝へ行ってから、すっかり神社と滝の組み合わせの虜になってしまい、今日は河口湖町の河口湖のほとりにある河口浅間神社と、その裏山にある母の白滝へと行ってきました!



河口浅間神社


所在地

〒401-0304

山梨県南都留郡富士河口湖町河口1

交通アクセス河口湖駅よりバスで15分
駐車場無料駐車場あり(乗用車10台ほど)


河口湖 河口浅間神社 駐車場

 御坂みちより神社前の駐車場。無料の駐車場で乗用車が10台ほど駐車できます。休日は少し厳しいかも。。。

河口湖 河口神社1

駐車場を出て境内入り口を。カフェが軒を連ねています。

河口湖 河口神社2

初秋の青空と鳥居の赤、杉の緑がいい感じw

河口湖 河口神社3

河口湖 河口神社4

河口湖 河口神社5

鳥居をくぐって境内に。ご神木か!?っと思うくらい立派な杉の木が並んでいます。

河口湖 河口神社6

河口湖 河口神社7

こちらが天然記念物の”河口神社の七本杉”。ご神木にふさわしい風格!

河口湖 河口神社8

隆武隊顕彰碑。

河口湖 河口神社9

河口湖 河口神社10

本殿を背後に。池の水も澄んでいます。

河口湖 河口神社11

山神社とご神木の七本杉。ご神木じゃなくても立派な杉が並びます。

この後神社を後ににして”母の白滝”へと向かいます。


 ブログを書いていて今気が付いたこと・・・テンションが上がりすぎていて、本殿の写真を撮っていないことに気が付きました(笑)

 割と自宅から近いので近日中にリベンジをしたいと思います。



関連記事

秘境感が半端ない富士吉田市”白糸の滝” 




追記 9月11日に河口浅間神社と父の白滝へと行ってきたので、河口浅間神社本殿の写真をアップしたいと思います。 河口浅間神社 参道より。 河口浅間神社 本殿を。 因みに、お祭りがあるようであわただしく準備をしていたので、この日はお参りしてすぐに河口浅間神社を後にしました。

亀旅@夏の終わりに秘境感が半端ない白糸の滝(富士吉田市)

 ここ数日、この前までの熱さが嘘のように涼しくなって夏の終わりを肌で感じられるようになってきました^^

9月最初の休みで、ここの所休日も出勤して休みがつぶれてしまっていたので、全身にマイナスイオンを浴びてリフレッシュしたくなり、山梨県富士吉田市にある”白糸の滝”へと行ってきました。





因みに、静岡県にあり、我が地元で、富士山の世界遺産の構成資産の一部である白糸の滝ではありません。富士宮市の白糸の滝と対照的に、全く観光地化されていない秘境でした(笑)







午前中に、エンジンオイルを交換しての出発だったためにいつものごとく遅い出発でした↓

DSC05449.jpg
車1台ギリギリの道をひたすら登ります。

DSC05450.jpg
道も苔むしています。秘境感がいい感じ♪

DSC05451.jpg
トイレ発見!水道も来ていない(笑)

DSC05452.jpg
トイレから500メートルほどで行き止まりでしたが・・・このスペースじゃUターン出来ない( ゚д゚)トイレの前の方が広く折り返せます笑)
ここからは徒歩で登って行きます。念のためランニングシューズに履き替えました(膝の靭帯を痛めてから足場が悪いところが特に恐ろしいです(笑))

DSC05453.jpg
大好きなあじさい発見!この時期に見られるとは思っていなくてうれしいサプライズ( ´艸`)

DSC05455.jpg
コンクリートも苔むしています。亀と以外にマッチするな(^∇^)

DSC05457.jpg
案内図発見。10分も登るのか・・・(笑)このときはまだ道はアスファルトだろうと楽観視してましたが、この後、自分が甘かったことが露呈されます(笑)

案内図のすぐ横にある下見の滝。

DSC05466.jpg

DSC05464.jpg
 水量は多くないですが、しとしとと細い糸のように流れています。

DSC05463.jpg
 望遠レンズを忘れてしまったのでめいっぱいズーム!


 このあと、小さい橋を渡り、白糸の滝へとプチ登山を開始です。

DSC05458.jpg
 アジのある橋。実は高所恐怖症です(笑)

DSC05460.jpg
 登山道?(笑)木も苔むして朽ち果てそうです(笑)ただこの感じ・・・嫌いじゃないです。

DSC05474.jpg
 案内図には、10分と書かれていますが、本気で寡黙に登ると5分で着きます。

DSC05479.jpg
 先ほどの分岐点から200メートルほどで東屋が見えてきました。
 
DSC05479.jpg
 あじさいに囲まれて、鳥居はありませんが、石造りの小さな祠がありました。山が神殿ということでしょうか??写真を撮り忘れてしまいましたが、周囲に石造も5体ほどありました。まるで石造たちが白糸の滝で遊んでいるような錯覚にとらわれてしばらく東屋でボーっとしてしまいました^^


DSC05483.jpg

DSC05484.jpg

DSC05488.jpg
 水量は多くないですが、まさに白糸のように細く白く美しいです。黒い岩肌と対照的です。

DSC05473.jpg
 あじさいも^^


 富士宮市の白糸の滝のような水量がなく、迫力はありませんが、細く白い絹の糸のようでした。
 目を閉じて耳を澄ませば、聞こえてくるのは野鳥のさえずりと水の流れる音だけで、個人的には大満足でした(^∇^)小学校の時に下校時に迷い込んだ山の中を思い出しました(笑)
 
 たまには人里離れて孤独になり、自分と向き合うのも大切なのかもと思いました。




ランキング参加中です^^ポチしてくれると助かります(ノ∇≦*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村

街・建物写真 ブログランキングへ

亀 ブログランキングへ