亀旅@終戦の日に富士宮市の若獅子神社にて

 今日は終戦の日の前日ということで、富士宮市若獅子神社へ行ってきました。



近くには富士山が世界遺産に登録させて活況を呈している白糸の滝や、大石寺などがあるこの地に、戦争にまつわる施設があること自体が驚きでした。


若獅子神社

 旧大日本帝国陸軍の陸軍少年戦車兵の教官、生徒六百有余を祭神として祀る神社。
 昭和40年(1965年)12月、陸軍少年戦車兵学校の跡地に戦没同窓生の慰霊・顕彰のため若獅子の塔を建立したのを起源とし、昭和59年(1984年)10月に神社を創建。
 若獅子の塔とサイパンの戦いで使用された九七式中戦車が安置されている。
 
 若獅子神社は、旧陸軍少年戦車兵学校跡地の一角に建立されている。
 戦後は、満蒙開拓団の引揚者、周辺の農業経験者などが入植し、朝霧高原の酪農の基礎を築いた。
 集会所や大講堂あとは富士開拓農協、学校本部跡は上出小学校に、また近くにあった陸軍病院は国立病院機構静岡富士病院に引き継がれている。

 DSC05441.jpg
入り口より。

DSC05440.jpg
陸軍少年戦車兵学校案内図。

DSC05442.jpg
陸軍少年戦車兵学校の碑。

DSC05443.jpg

DSC05446.jpg
安置されている九七式中戦車

DSC05447.jpg
至る所に銃弾の貫通した跡がある。戦いの激しさを物語っている。

 第二次世界大戦で命を失った御霊に手を合わせて帰宅しました。
 
 昔しっている上出小学校や開拓農協が兵学校の跡地にあるということに驚きました(;^_^A
 おそらく周囲を探索したら当時の遺構も残っていそうなので今度は徒歩で探してみようと思います。

スポンサーサイト

亀旅@あじさい咲き誇る下田公園と伊豆の小京都ペリーロード散策②

 前回からの続きです。
 下田公園を降りてペリー艦隊来航記念碑からペリーロード、了仙寺を徘徊しました。
 
 DSC05168.jpg
 ペリーの胸像。晴れていたら青い空とマッチして素敵な景色なんだと思います(;^_^A
 ここからペリー一行が上陸したと思うと感慨深いものがあります。

 次はペリーロードへと向かいます。徒歩で10分ほど歩くと到着します。
DSC05170.jpg

DSC05172.jpg

DSC05174.jpg

DSC05177.jpg
 柳と古民家、ブロック造りの蔵、その中にあじさいがいいアクセントになっています^^
 小京都といった雰囲気を醸し出しています^^
 なまこの壁や、ガス灯(を模した電灯)があったり、川の両岸にはお洒落なカフェやお店が沢山あります^^
 因みに、ペリー一行は、このペリーロードを兵士と軍楽隊を率いて了仙寺まで行進したとの記録が残っているようです。鎖国の時代、この様子を見た人たちの驚いた様子が目に浮かびます。

こちらは了仙寺。
DSC05184.jpg
入り口より。

DSC05178.jpg
立正安国像。

DSC05179.jpg
 この場所で、1854年に結ばれた「日米和親条約」の細則付加条約の「下田条約」が結ばれました。

 このあと、まだまだ回りたいところが沢山あったのですが、出発が遅かったこともあり、帰路へ着きました(;^_^A
 毎回帰る時になると後悔にさいなまれます(笑)
 お寺巡りにも最近ハマっているので、次回は早起きしてみて回ろうといつものように誓いました(;^_^A

ランキング参加中です^^応援ポチお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村

街・建物写真 ブログランキングへ

亀 ブログランキングへ

亀旅@あじさい咲き誇る下田公園と伊豆の小京都ペリーロード散策①

 仕事が忙しくてブログを更新できなかったので久々に更新です(;^_^A

 6月11日。

 なかなか同じ静岡県内ですが伊豆半島の先端なので行く機会がなかったのですが、ニュースでも見ごろということを言っていたので百聞は一見にしかず!ということでに下田公園で行われているあじさい祭りへ行ってきました。

 出発前に伊豆下田観光協会のあじさい祭りサイトより・・・


まるで万華鏡!見事に咲き誇る300万輪の紫陽花

下田市街と下田港を一望できる下田公園。その広大な敷地を埋め尽くす約15万株300万輪のあじさいは、訪れた人を圧倒します!

あじさいの種類は多く、園内でも「クロジク西洋アジサイ」「ウズアジサイ」「アナベル」など名前の付いたあじさいを100種以上見ることができます。園内を巡る遊歩道に延々と続く大輪の花は、梅雨の頃艶やかに輝き、ひとときの静寂をもたらしてくれることでしょう。”


 いつものごとく、寝坊をしてしまい、到着したのはお昼過ぎ。今回は、海中水族館側の入り口より入りましたが、あじさい祭り期間中は、ペリー艦隊来航記念碑前に有料(\500)で駐車場も用意されているというのを後から知りました(笑)



DSC05129.jpg

 下田海中水族館駐車場側の入り口よりスタート。
 入り口からいきなりあじさい尽くしです^^

DSC05133.jpg
 
DSC05137.jpg
 ハート形のあじさい^^

DSC05138.jpg 城址の記念碑より。

DSC05144.jpg
 あじさい祭りの一番の見どころ(と勝手に思っている)斜面より。所狭しとあじさいが咲き乱れてあじさいまみれです^^
DSC05157.jpg
 上の斜面の遊歩道より。見渡す限りのあじさい。個人的には紫が好きです^^

DSC05152.jpg
 こじんまりした漁港とあじさい。田舎の港町のようで落ち着きます(実際は小さくない(笑))

DSC05160.jpg
 一通り見て回るのに小一時間は軽くかかり、城跡だけあり程よい運動にもなりました^^
DSC05188.jpg
 城跡なだけに土塁もちゃんとあります^^

 ワンちゃんを連れてこられてる方もかなりいらっしゃいました^^自分もいつかホンモノの亀を連れてきたい(笑)

 櫓などはありませんが、平和な世の中のコミュニティとして、天守閣がなくても”城”として人々を見守っていると感じました。
 この後、ペリーロードを散策したので、後日アップしたいと思います^^



ランキング参加中です^^応援クリックお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村

街・建物写真 ブログランキングへ

亀 ブログランキングへ

亀旅@山梨県大月市猿橋のあじさい狩り

 山梨県大月市の猿橋にあじさいを見に行ってきました^^
 結論から言うと・・・あじさいはちょっと時期が早くてまだ満開ではなかったのですが、名勝猿橋と桂川渓谷もとても素晴らしかったです!

 DSC05124.jpg

じゃらんネットで検索していたら猿橋・・・ネーミングも気になる・・・
 山梨県の観光協会などで調べてみたら「猿橋から遊歩道でつながっている猿橋近隣公園で毎年開催されて、公園には約3000株のあじさい。白いあじさい、淡いブルーのあじさい、様々な色のあじさいがあちらこちらで競うように咲いています。」との記事。
 ということで早速行ってきました!

 駐車場は猿橋の近くにあるのでとても助かります。



 駐車場は無料で開放されています。20台くらい駐車できます。
 
 まずは駐車場から猿橋へと向かいます^^
 DSC05087 (1)
昔ながらの観光地のオーラムンムンです^^

 アーチをくぐると突き当りに見えてきます^^

DSC05126.jpg
水神社があり、ちょっとした広場になっています^^ロードバイクも止めれるようにスタンドもあります。

DSC05091.jpg

DSC05094.jpg
トイレの脇に猿の像発見!その奥には・・・廃線か何かかと思っていたら”八ツ沢発電所施設 第一号水路橋”らしいです!調べてみたら、明治45年から使用されている発電用の水路とのこと。自分の3倍以上も働いているんだと思うと感慨深いものがあります。

DSC05124.jpg
 橋のたもとより。珍しい形の橋です。もちろん徒歩で渡ることもできます。

 この階段より笹子川沿いに猿橋公園へと向かいます。

DSC05099.jpg 
 猿橋と水路をバックに^^桂川渓谷の景色の笹子川の水が澄んで清々しいです^^

DSC05102.jpg
 結構階段も急です。実はカメラを構えながらも汗だくです(笑)

 遊歩道を10分ほど歩くと、あじさいが見えて来ました!テンションも俄然上がります!

DSC05104.jpg
山側の斜面一帯があじさいだらけです^^

DSC05103.jpg
まだまだ咲き始めですが、綺麗に咲いています^^

DSC05106.jpg


 まだまだ満開ではなかったのが残念ですが、国の名勝の猿橋と、綺麗な笹子川と桂川渓谷も素晴らしかったです^^


ランキング参加中です^^ポチしてくれると助かります(ノ∇≦*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村

街・建物写真 ブログランキングへ

亀 ブログランキングへ

亀旅@熱海ひとり旅②興亜観音

 熱海パワースポット巡りその②は、熱海市伊豆山の”礼拝山 興亜観音”へ行ってきました。
 ご住職さんが突然の訪問にもかかわらず本堂から出てきて色々とご説明して頂いて、お茶までいただいて、眺めも素晴らしく木々の緑と相模湾のコントラストが素晴らしくとても清々しい気持ちになりました^^

礼拝山興亜観音とは・・・
”昭和十五年(1940年)二月、松井石根(まついいわね)陸軍大将の発願により、支那事変での日支両軍の戦没者を、「怨親平等」に等しく弔慰、供養するために建立されたものです”


 国道136号線から参道へ入っていきます。
 
 いきなり怪しい石造の数々と明らかに工事の途中で放置されたであろうご様子・・・
DSC05083.jpg

DSC05081.jpg


DSC05082.jpg
 道も昔からのつくりのようで乗用車いっぱいいっぱいい(;^_^A海が綺麗に見えるだけに無残な放棄地が痛々しいです(;^_^A

DSC05063.jpg
 ここから先は乗用車だと入れなかったので車を置いていきます(;^_^A
 車手前の木がとても大きくてしばし見とれてしまいました。

DSC05079.jpg

ここからは徒歩で登っていきます。

DSC05064.jpg

DSC05065.jpg
 てっきり大きい寺院のように駐車場や道があるものだと思ってきたので不安になりながらも大きな木々に見とれながら徒歩で進んでいくと…発見!間違ってなくて一安心です(;^_^A

DSC05066.jpg
 木々の間から見える景色が去年行った男木島の景色に似ています^^参道の途中にはベンチや東屋もあり休憩もとれます^^

 汗だくになりながら10分ほど参道を登っていくと…ありました!

 DSC05073.jpg
 日中戦争時に松井石根閣下が担当した南京など中国の土を取り寄せて作られたそうです。台風などの倒木やがけ崩れにも耐え、70年以上この地に鎮座されているそうです。

DSC05074.jpg

DSC05072.jpg
 過激派により破壊され、修復された七士之碑。

DSC05071.jpg
 本堂と住職さん。観音像を拝んでいたら本堂から出てきて設立の経緯などを説明してくださり、本堂にお参りした後はお茶を戴きながら本堂下の乱開発のお話など色々としていただきました^^感謝です^^

 景色も良くてお香の香りと凛とした空気に触れてとてもリフレッシュ出来て、清々しい気持ちでお寺を後にしました^^

ランキング参加中です^^ポチしてくれると助かります(ノ∇≦*)
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 庭園・史跡・神社仏閣写真へ
にほんブログ村

街・建物写真 ブログランキングへ

亀 ブログランキングへ